ブログと同じ競艇予想を便利な無料メルマガで配信してます!
メルマガ購読・解除 ID: 1667422
競艇一撃                メールアドレス
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

2018年11月28日

11/29(木)から開催のG1浜名湖賞開設65周年記念(浜名湖)の狙いと調査


11/29(木)〜12/4(火)にてG1浜名湖賞開設65周年記念(浜名湖)が開催されます。
開催されるボートレース浜名湖についてまとめました。

ボートレース浜名湖の攻略ポイントです。
■夏場はインが弱くなる
1マークから対岸の距離が非常に長く外から行く選手が思い切り握って行ける広さがある。特に夏場は出足が弱くホーム向かい風になり4カドからダッシュを付けて攻める選手がスロー勢にツケマイをくらわすレースも多い。

■冬場はイン逃げが決まる
冬場は逆に行き脚が強くなりホーム追い風になるためイン逃げが決まる。広い水面でダッシュ勢が思い切り攻めても外へ流れてしまう。夏場と冬場で異なる水面特徴なので注意していただきたい。

■広い水面はスタート力のなるスピード戦得意の選手が有利になる
艇間隔を広く取れる水面では横の選手の音を聞きながらスタートするといった事が出来ない。どうしても自力スタートになるためスタートにもばらつきが出てくる。そうするとまくりが決まる。

■6コースからだと1マークが遠い
それでも大外からでは1マークまで遠いため頭まで行くのは難しい。1マーク混戦からの最内差しでの頭が多い。そのため6コースを狙う場合は1コースが絡む可能性が高い。

近況のイン勝率は51.3%と平均的になっています。
各コースの勝率、2連対率、3連対率、勝率です。
1コース:51.3、69.1、78.9:7.63
2コース:15.4、39.4、58.4:5.61
3コース:13.1、32.8、53.0:5.28
4コース:11.4、30.7、51.0:5.10
5コース: 6.9、20.2、37.8:4.26
6コース: 2.1、 8.5、22.1:3.18

インの勝率が平均ですがスタートしっかり踏み込んでいく記念レーサーなら広水面の立地も味方してインが強くなる冬場で信頼できるとみます。
全体的にみると他の競艇場所より2コース、4コースの舟券率が高く差し優勢の水面でしょう。
舟足しっかりしているイン選手がいるレースで「1−2⇔4」
の2点買いが良さそうです。

節毎のプラス回収安定感が抜群のココのG1浜名湖3連単1点は必見です。
3連単1点で獲るボートレース予想

次に浜名湖の注目モーターをチェックしました。
使用期間は2018年4月6日〜2018年11月19日です。
■勝率6.0点以上
29:6.37
23:6.30
33:6.24
35:6.11

■勝率25%以上
29:30.6%
23:27.4%

■連対率45%以上
23:50.0%
29:48.9%
33:47.2%

■優出回数
29:6回
37:6回
16:5回
23:5回
24:5回

勝率の高い29号機(篠崎仁志)、連対率の高い23号機(羽野直也)の2艇がエースを争うモーターです。
後は33号機(坪井康晴)、37号機(川崎智幸)にも注目です。

次に実際の前検タイムです。
【トップ3】
井口 佳典 6.60
桐生 順平 6.60
飯山  泰 6.61
坪井 康晴 6.61

【ワースト3】
海野康志郎 6.76
木下 翔太 6.76
河合 佑樹 6.74

トップからワーストまで0.16の差がありました。

最後に今回出場する選手の浜名湖通算勝率ランキングトップ5です。
山崎 智也 8.16
服部 幸男 7.73
菊地 孝平 7.43
西山 貴浩 7.29
坪井 康晴 7.25

明日から開催のG1浜名湖の買い目も発表されました
3連単1点で獲るボートレース予想



タグ:浜名湖
posted by 競艇一撃 at 18:58| 浜名湖

的中連発で笑いが止まらない!
競艇展開法で3連単がジャンジャン当たる